眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労とは


sponsored link

 

『 眼精疲労 』とは、慢性的に続く疲れ目のことです。

 

 

「目がかすむ」「目の奥が痛い」などはよく経験することですが、一晩ゆっくり休んでも症状が消えない状態を「眼精疲労」といいます。

 

また症状が回復しても直ぐにぶり返したり、疲れ方が早く回復が遅い場合も「眼精疲労」と考えます。

 

 

眼精疲労は目の症状に限らず、肩こりや頭痛などを伴うこともあります。 眼精疲労は疲労が解消されないまま徐々に蓄積され慢性化したものですが、その症状は目に現れるだけでなく、肩や首すじの凝り、頭痛、不眠などに現れることがあります。更に重症化すると、めまいや吐き気を伴うことがあります。

 

 

眼精疲労は目に特別な異常がなくても起こります。精神的なストレスが眼精疲労を引き起こしたり、インフルエンザ(風邪)など体力が低下したときにもしばしば眼精疲労の症状が現れます。また、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病などの生活習慣病も眼精疲労を伴いやすい病気として知られています。

 

 

眼精疲労は放置すると精神的なストレスを招きやすく、やがて全身の健康を害する原因にもなりますので、軽症のうちに対策することが必要です。ゆっくり休んでも目の疲れが取れない場合や直ぐに目が疲れるなど、目に異常を感じた場合は、早い時期に一度は眼科を受診しましょう。

 

 トップページへ戻る


sponsored link