眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労と食べ物


sponsored link


眼精疲労の予防と治療には、栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが基本ですが、疲れ目に効く食べ物を意識的に摂ることが大切です。

疲れ目に効く代表的な食べ物をご紹介すると共に、疲れ目に効く食材には、一緒に摂ると栄養素の吸収率が高まる食べ合わせ・調理方法がありますのでご紹介します。

また、「ガム」も疲れ目に効果があるという最新情報もご案内します。



●●●● 疲れ目に効く代表的な食べ物 ●●●●



1、豚ひき肉・ニンニク・ネギ・ニラ入り餃子
  • 豚肉には、ビタミンB1やビタミンB12など疲れ目の改善に大変重要な役割を果す成分が多く含まれています。視神経の働きを高めて視力低下を防ぎ、目の疲労を軽減させる作用がありす。
  • 豚肉は、ニンニク、ネギ、ニラなどと一緒にとると、これらの野菜に含まれる香味成分アリシンが豚肉のビタミンをよく吸収して効果を長持ちさせますので、「豚ひき肉・ニンニク・ネギ・ニラ入り餃子」が疲れ目に効く代表的な食べ物の一つです。


2、ニンジンジュース
  • ニンジンには、体内で必要に応じてビタミンAに変化するβカロチンが多く含まれています。ビタミンAには目の機能を高める働きがあり、毛様体の筋肉の弾力性を回復させ、疲れ目、かすみ目などの改善に役立ちます。
  • ニンジンの栄養素を最も効率的にとるには、やはりジュースが最適です。ニンジン2本とレモン半個のジュースを作り、1日1杯を目安に飲みます。


3、ホウレン草のバターソテー、油炒め
  • ホウレン草に含まれている「ルテイン」は、人間の体では目の網膜だけに含まれていますが、抗酸化作用があり、眼精疲労などの目のトラブルを防ぐ働きをします。
  • ルテインは油を用いた調理法で食べると吸収効率が上がります。


4、青魚(鰯・鯖など)とネギやニラの食べ合わせ
  • 鰯や鯖などの青魚にはDHAやEPAが含まれています。DHAは網膜や視神経の機能を高め、EPAは目の毛細血管の血流を促進し、目の疲れを改善します。
  • 青魚(鰯、鯖など)をネギ、ニラ、ニンニクなどと一緒にとるとDHAやEPAの吸収効率が高まり、効果も長持ちします。


5、「黒酢+はちみつ」ドリンク
  • 酢は疲労回復に効果的です。食物をエネルギーに変える仕組みである「クエン酸サイクル」を活性化させ、疲労物質の乳酸を分解させます。
  • 酢に砂糖やはちみつなどの糖分を加えると効果が増しますので、「黒酢+はちみつ」ドリンクがお勧めです。


6、ブルーベリー、菊花茶
  • ブルーベリーには目のいろいろな機能に効くアントシアニンが多く含まれています。ブルーベリーは、皮付きのままヨーグルトと一緒に食べるか、ジャムにして食べます。
  • 菊花茶も漢方のコクの実を一つまみ入れて飲むと効果があると言われています。


●●●● 疲れ目に効く「ガム」●●●●


2013年10月15日のNHK総合テレビ番組「あさイチ」で放映された情報をご紹介しましょう。
  • 北里大学医療衛生学部の浅川賢助教の最近の研究から、「ガム」が疲れ目に効くことがわかってきました。是非試してみましょう。
  • 「ガム」を噛むことによって、目の血流がよくなり、その結果、目の筋肉の「こり」がとれて、疲れ目の改善につながるのです。「するめ」も「ガム」と同じような効果があると言われています。

 トップページへ戻る


sponsored link