眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労とクロセチン


sponsored link


目の健康によい栄養成分といえば、ブルベリーに含まれるアントシアニンやルテイン、DHA(ドコサヘキサエン酸)などがよく知られていますが、これら以外にも目の部位に優れた働きをする成分があります。


目の仕組みをカメラの基本構造に例えれば、カメラのレンズに当たるのが「角膜・水晶体」、ピントを合わせるのが「毛様体」、フイルムに当たるのが「網膜」、脳に情報を伝えるのが「視神経」ですが、それぞれの部位に効果的な栄養成分があります。


「角膜」には目のビタミンと言われるビタミンA、「毛様体」には疲労回復で注目されているクロセチン、「網膜」にはカロテン、「視神経」にはDHA(ドコサヘキサエン酸)が効果的と言われています


近距離の物を長時間凝視したりすると目が疲れますが、これは水晶体の厚さを調節する毛様体筋が緊張し続け、肩こりと同じように目の筋肉がこり固まってしまうからです。目の疲れを取るに当たって大切なことは、血流を良くして目の筋肉のこりを取ることです。


そこで、ここでは目の疲労と関係する血流の観点から、血流を良くする栄養成分としてのクロセチンについて取り上げてみます。


クロセチンは目の血流を良くする作用や炎症を抑える作用、抗酸化作用があります。血流が良くなると細胞や神経に十分な栄養や酸素を運ぶことができ、疲労回復に効果的です。 クチナシに含まれる黄色の色素で、きんとんや栗の甘露煮といった和菓子などの着色料として使われていますが、クロセチンは食事で摂ることが難しい成分でありサプリメントなどを活用するとよいでしょう。

理研ビタミンの「クロセチンアイ」。現代人の"見る"悩みを強力サポート



 トップページへ戻る


sponsored link