眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労の症状


sponsored link


眼精疲労の症状は大まかに分けると、目に強い不快感として現れる症状、見え方に現れる症状、目以外の身体に現れる症状、精神面に現れる症状があります。

このように眼精疲労の症状は、目に現れるものから全身性のものまで実に様々です。また、人が個々に感じる自覚症状としては個人差も大きく、必ずしも一様ではありません。

ここでは、眼精疲労の一般的な症状について、主だったものを上げてみましょう。



●●●● 眼精疲労の主な症状 ●●●●


1、目に強い不快感として現れる症状
@目に痛みがある・・・・目の奥が重苦しい、痛い、更には、ずきずきと痛む。
A目に乾きを感じる・・・近年最も増えている症状で、目が乾燥している感じがする。
B目が疲れ易い・・・・・目が直ぐに疲れ、辛くて長く物を見ておれない。
C目がかすむ、痒みがある、ショボショボする、ゴロゴロする、充血するなど。
Dまぶたが重だるい。


2、見え方に現れる症状
@物がかすんで見える。
A視線を動かした時に焦点が合いにくい。
B光過敏となり、いつもと同じ照明が異常に明るく感じたりする。


3、目以外の身体に現れる症状
@頭痛や頭重感がする。
A肩こりや首のこり、首から肩・腕が痛む・だるい、背中に痛み、手指のしびれが起こる。
B吐き気やめまいが起こる。
C胃がもたれる。胃が痛い。食欲不振になる。


4、精神面に現れる症状
@不眠になる。全身に倦怠感がある。
Aイライラ感、不安感がでる。
B抑うつ状態になったりする。



●●●● 「眼精疲労」とそっくりの「眼瞼けいれん」●●●●


1、 眼精疲労とそっくりの症状の病気があります。その代表格が「眼瞼けいれん」という病気です。

2、「眼瞼けいれん」は脳の奥の基低核というところを中心とした、まばたきやまぶたの開閉を司る神経回路の故障によるものです。まぶしい、目が疲れる、目が痛い、目をつぶってしまう、まばたきが多い、目の違和感など様々な症状が現れ、強い眼精疲労と間違われることがしばしばです。

3、「眼瞼けいれん」は、軽症の場合は一般に連想されるような「けいれん」が殆んど出ないため、眼精疲労やドライアイと誤診される場合があります。ドライアイの治療をしても一向に良くならないのが特徴です。



●●●● 眼精疲労と似た症状の病気 ●●●●


「眼瞼けいれん」以外にも、症状が部分的に眼精疲労と似た病気がいくつかあります。これらの中には重い目の病気もありますので、早めに一度は眼科を受診しましょう。

眼科を受診する場合、正しく自分の目の状態を把握し、正しく医師に伝えることが、とても大切です。正確な情報は、的確な診断につながり、適切な治療に結びつくからです。

ここでは症状別にどのような目の病気があるかを紹介しますので、自分なりに現在の症状に当てはまる病気を絞り込み、その知識を頭に置いて、眼科を受診しましょう。

1、目が疲れる
「眼精疲労」「眼瞼けいれん」「近視・遠視・乱視」「ドライアイ」「甲状腺眼症」など


2、目が乾く、涙が出る、目が痛い、目がかゆい、目やにがたまる
「眼精疲労」「眼瞼けいれん」「結膜炎」「角膜の障害」「ドライアイ」「緑内障」「ぶどう膜炎」など


3、目がしょぼしょぼする
「眼精疲労」「角膜の障害」「結膜炎」「ドライアイ」など


4、目が赤い
「眼精疲労」「結膜炎」「結膜下出血」「ドライアイ」「ぶどう膜炎」など


5、かすむ(視力低下)
「眼精疲労」「近視」「強度近視」「老視」「白内障」「ドライアイ」「加齢黄斑変性」「網膜上膜形成症」「網膜剥離」「ぶどう膜炎」「緑内障」「視神経の病気」「心因性視覚障害」など


6、まぶしい
「眼精疲労」「眼瞼けいれん」「白内障」「角膜の障害」「ぶどう膜炎」「網膜剥離」など


7、まぶたが重い、まぶたが下がる、目が開けにくい

「眼精疲労」「眼瞼けいれん」「眼瞼下垂」「甲状腺眼症」「角膜の障害」など




●●●● 眼精疲労とは違う症状の病気 ●●●●


1、視野が欠ける、視野が狭い
「緑内障」「網膜剥離」「網膜色素変性症」


2、視野の真ん中が見えない
「加齢黄斑変性」「黄斑円孔」「視神経の病気」


3、黒いものが飛んで見える
「飛蚊症」「網膜剥離」


4、光るものが見える
「網膜剥離」


5、ものがゆがんで見える
「加齢黄斑変性」「黄斑円孔」」「網膜上膜形成症」「糖尿病網膜症」「円錐角膜」「強度近視」



 トップページへ戻る


sponsored link