眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労と吐き気


sponsored link

 

眼精疲労は、症状と原因が多種多様で個人差の大きい目の病気です。ごくありふれた病気とも言えますが、油断は禁物です。

 

目が疲れ易い人によく見られるのが、肩や首筋の頑固なこりなどを抱えているケースです。更に目の疲れがひどきなると、頭痛や「吐き気」が現れることがあります。

 

「吐き気」を伴う目の病気として、緑内障やVDT症候群の可能性もありますので、早目に眼科専門の医師に診てもらいましょう。

 

 

1、緑内障
失明することがある緑内障は、眼精疲労が唯一の自覚症状なので注意が必要です。緑内障の特徴的な症状は、明かりなどの光の周りに虹が見える虹視(こうし)ですが、唯一の初期症状が眼精疲労であることも注目される点です。眼痛、頭痛、「吐き気」、嘔吐(おうと)、視力障害などを伴うことがあります。

 

恐ろしい緑内障の予防は、眼精疲労を見逃さないことです。緑内障は、「青そこひ」とも呼ばれ、中高年の人などが最も気をつけなくてはならない目の病気の一つです。この病気の恐ろしいのは、急性発作の場合、症状が現れて1日で失明することです。
一日も早く眼科の診断を受けましょう。

 

 

2、VDT症候群
VDTとは、Visual Display Terminalの略で、画面表示装置を持ったコンピュータ機器をいいます。パソコン、スマートフォン、ゲーム機器などを長時間操作することにより、目や体や心に影響の出る病気で、別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。VDTを長時間使う人に起こる特有な症状をいいます。
症状としては、眼精疲労、ドライアイなど目の異常と共に、肩こり、首から肩・腕が痛む・だるい、手指のしびれ、頭痛、「吐き気」、めまい、更には、イライラ、不安感を招いたり、抑うつ状態になったりします。
ストレスがストレスを呼び込む悪循環に陥らないように早目の対策が必要です。

 

自分でできる対処法としては、先ず目をいたわることです。
@適度な休憩・・・・1時間毎に10〜15分は休憩をとりましょう。
A体操・・・・・・・ときどき適度に体を動かして、緊張をほぐしましょう。
Bメガネ・・・・・・メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。
Cドライアイ、緑内障の人・・・過度なVDT作業で、病気が悪化する危険性がありますので、医師の指示に従いましょう。
Dオフィス対策・・・画面の反射をさえぎるフイルターの利用、照明、机・イスの高さな
          どを見直しましょう。

 

 トップページへ戻る


sponsored link