眼精疲労の症状や原因、解消方法などについて知りたい方に

眼精疲労の原因


sponsored link


眼精疲労の原因はさまざまですが、大まかに分けると次のようになります。
・目の異常が原因で起こる場合
・目以外の全身の病気が原因で起こる場合
・精神的ストレスが原因で起こる場合
・照明や湿度など環境問題が原因で起こる場合

実際には、いくつかの原因が錯綜し、複雑に絡み合って眼精疲労が起こると言われていますが、主な原因を紹介します。

1、目の使い過ぎ
私たちの目には、眼球の位置を調整する外眼筋と目のレンズである水晶体の厚さを調節する毛様体筋などがあります。長時間集中して物を見ていると、これらの筋肉に疲労が蓄積して、眼精疲労が起こるのです。目がオーバーワークとなり、目の筋肉が悲鳴を上げていると考えればよろしいでしょう。


2、目の屈折異常
強度の近視や乱視,斜視、斜位(隠れ斜視)などによって眼精疲労が起こります。また、目に合わないメガネや不適切なコンタクトレンズの使用によって目への負担が大きくなり、起こる場合があります。


3、目の病気
ドライアイ、結膜炎、ものもらい(麦粒腫)、白内障、緑内障などが負担となって眼精疲労が起こります。
病気の中で特に注意を要するのは、失明することもある緑内障ですが、眼精疲労の症状が唯一の自覚症状です。また、ドライアイも目の生活習慣病とも言われ眼精疲労の主要な原因の一つとなっています。
特に、画像情報端末(VDT=Visual Display Terminal)は目の疲れに影響を及ぼし、VDTを長時間使う人に現れる特有の症状である「VDT症候群」は、別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれ、眼精疲労と深く関わっています。


4、目以外の全身の病気
高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、心臓病、肝臓病などの生活習慣病の影響やかぜ症候群、慢性副鼻腔炎が原因で眼精疲労が起こることがあります。また、神経や脳が疲労して見る機能が低下して起こる場合もあります。


5、精神的ストレス
過労や職場の人間関係などで精神的ストレスが高まると、自律神経の働きが乱れて眼精疲労を発症することがあります。精神的ストレスによって、体が過度に緊張して血流を悪くし、また、目を保護している涙の分泌量が減って目に疲れを感じるのです。


6、目の環境問題
パソコン操作におけるモニターの高さ・モニター画面への映り込み、室内の照度、エアコンの風向き、乾燥・湿度、更には住居建材に含まれる化学物質なども眼精疲労の原因になる場合があります。


7、偏食など栄養不良
野菜不足など偏食による栄養バランスの崩れから目の疲れを招くことがあります。目のビタミンと呼ばれるビタミンAや疲労回復ビタミンと呼ばれるビタミンB1などのB群、ビタミンCなどが不足すると目の疲れが進行します。


 トップページへ戻る


sponsored link